政治

陸自配備に審判 石垣市長選きょう投開票


 任期満了に伴う沖縄県の石垣市長選は、11日に投開票される。新人で前市議の宮良操氏(61)=社民、共産、社大、自由、民進推薦、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦、新人で前県議の砂川利勝氏(54)が三つどもえの選挙戦を展開してきた。3氏は10日午後、市内で打ち上げ式を行い、最後の支持を訴えた。11日午後11時30分ごろには当落が判明する見通し。

 陸上自衛隊配備計画への対応を最大争点に、経済振興策や子育て政策などが問われる。陸自配備について候補者は三者三様の考え方を示しており、選挙結果は計画に影響を与える。

 宮良氏は配備の現行計画地である市平得大俣を含む石垣島への配備自体に反対する立場だ。

 中山氏は計画に理解を示しながらも、住民と話し合った上で判断するとして賛否を明確にしていない。

 砂川氏は平得大俣への配備を白紙にし、住民合意が得られる地域で配備を進めるとの考えを示す。

 農高前交差点で打ち上げ式を開いた宮良氏は「市民不在の政治を変え、市民の皆さんの声が市政に届く新しい政治をつくりたい」と訴えた。

 730記念碑交差点で打ち上げ式を開いた中山氏は「皆さんの生活をもっと豊かに、島をもっと元気にするための4年間が次の3期目だ」と訴えた。

 市真栄里の選挙事務所で打ち上げ式を開いた砂川氏は「絶対に勝ち抜いて共に魅力ある石垣市、新たな石垣市の扉を開いていきたい」と訴えた。

 投票は午前7時~午後8時(一部投票所は午前7時~午後7時)。午後9時から開票される。当日有権者数は3万8640人(男性1万9233人、女性1万9407人)。市議補選(欠員2)も行われる。