スポーツ
釣りへ行こう

名護海岸で55・2センチのチンシラー

3月18日、名護海岸で55.2センチ・2.8キロのチンシラーを釣った松原大輔さん

 18日午前6時、松原大輔さんはチヌを狙って名護海岸のマル秘ポイントに出掛けた。釣り始めると、ヒットするのは10センチ前後のガクガクばかりで、釣ってはリリースを繰り返していた。

 午前9時半、勢いよくウキが沈んだ。竿(さお)を立てアワせると、今まで味わったことのない引き。ラインを出さないように必死に頑張ったが、なかなか出が止まらない。45センチのチヌを釣ったことがある松原さんだが、あまりの引きのすごさに頭の中は真っ白になった。ようやく走りが止まり、必死のやり取りで足元まで寄せてきたが、松原さんの影を見て魚は再び走り回り、必死の抵抗を見せる。少し沖目で魚の顔を上げ、空気を吸わせて弱らせてからタモ入れを行った。これが松原さんにとって初めてのチンシラーで、55・2センチ、2・8キロの大物だった。

 18日、西崎一文字のナベ堤で2018GFG沖縄懇親チヌ釣り大会が開催され、27人が日頃の腕を競った。各選手が苦戦する中、川端勝己選手は粘り強く仕掛けを底にはわせ、竿を引き誘いを掛けて26センチのチヌをゲット。さらに30センチ前後のチヌも釣り上げ優勝した。

 主な結果は次の通り。

▽1位 川端勝己 2匹 700グラム

▽2位 崎山泰三 1匹 370グラム

▽3位 玉城裕之 1匹 290グラム

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


3月18日、GFG沖縄懇親チヌ釣り大会で2匹目のチヌを釣り上げ優勝を決めた川端勝己さん

3月10日、南風原漁港で55.7センチ・3.22キロのチンシラーを釣った西田春之さん


3月14日、那覇一文字で47.3センチ・1.58キロの尾長グレを釣った古波蔵晋輔さん

3月15日、読谷海岸で49.5センチ・1.7キロの尾長グレを釣った志喜屋孝光さん


3月14日、名護海岸で67センチ・4.3キロのタマンを釣った具志堅章さん

3月11日、宜野湾海岸で67センチ・4.6キロのタマンを釣った國仲隼さん


3月18日、沖縄市で60センチのコイを釣った千葉大地さん

3月15日、糸満釣り筏(いかだ)で47センチ・2.04キロのガラサーミーバイをサビキ仕掛けで釣った比嘉元一さん

3月18日、金武海岸で67センチ・6.4キロのマクブを釣った玉橋夏美さん

3月12日、読谷海岸で1.97キロのアオリイカを釣った西平守和さん


釣りへ行こう

瀬底島でカーエー4連発

2018年6月15日 15:29

「みっぴ」が実力発揮

2018年6月8日 15:29

鳩間一文字でカースビー

2018年6月1日 14:14

ナカチンジでバショーカー

2018年5月25日 15:54

瀬良垣でカーエー3匹

2018年5月18日 15:04

こどもの日に半日ツアー

2018年5月11日 16:12
関連するニュース