政治

「承認撤回環境づくりに努める」 謝花氏に副知事辞令を交付 知事任期中の承認撤回へ意欲

翁長雄志知事から辞令証を受け取る(左)謝花喜一郎新副知事=2日午前9時、県庁知事応接室

 翁長雄志知事は2日午前、浦崎唯昭氏の後任として新たな副知事に就任した前知事公室長の謝花喜一郎氏(60)に辞令を交付した。

 交付式後に記者会見を開いた謝花副知事は、辺野古新基地建設の公有水面埋め立て承認の撤回について「翁長知事は任期中に必ず撤回を行うと明言しており、確実に実行されるものだと考えている。知事の撤回の環境づくりに努めていく」と述べ、撤回に向けた環境整備を加速させる考えを示した。

 撤回に向けた日程については「全体的な動きを見ながら要件を固めて対応する。早々にも専門家からの意見聴取などを進め、準備をとどこおりなく行う」と具体的な時期の明言は避けた。

 県議会与党などで検討される県民投票については「県として意義があると一貫して認めている。ただ、県民が主体的に行うことが極めて重要だ」と語り、議論の推移を見守るとした。

 一方で、基地問題をめぐり溝が深まる国との関係構築について「対立は辺野古の問題一点だけで、それ以外の多くの面では政府と協力していかないといけない。辺野古についてもまず対話を重視する」と述べた。

 謝花副知事は基地問題を担当する県知事公室や総務部、土木建築部、子ども生活福祉部、保健医療部、病院事業局、各種委員会を統括する。【琉球新報電子版】