経済

鉄軌道計画推進を要請 経済団体会議が県に

 沖縄県経済団体会議(議長・石嶺伝一郎県商工会議所連合会会長)は4日、県庁に翁長雄志知事を訪ね、鉄軌道計画の推進を要望した。

 石嶺議長は、鉄軌道の実現で渋滞解消や地域の発展が期待されるとし「持続的に役割を果たせる公共交通ネットワークの構築に向け、大局的見地から鉄軌道ルートを選定してほしい」と訴えた=写真。

 有識者でつくる沖縄鉄軌道計画検討委員会は那覇市から浦添市、宜野湾市、北谷町、沖縄市、うるま市、恩納村を経由して名護市に至る「C派生案」を推奨ルートに選定している。石嶺議長は記者団の取材に対し「C派生案で進めていただきたい」と賛意を示した。

 翁長知事は「経済界の意見は非常に重要だ。皆さんと一緒に前に進めたい」と意欲を語った。