社会
「はしか流行」

沖縄県内はしか63人に 新たに7人判明

沖縄県庁

 沖縄県地域保健課は18日、新たに1歳~30代の男女7人に麻疹(はしか)の感染が確認されたと発表した。県内では4年ぶりとなるはしかの感染が3月下旬に確認されて以降、患者は計63人となった。

 判明した7人は、沖縄市の30代女性、那覇市の30代男性と1歳男児、うるま市の30代女性、名護市の10代男性と30代女性、北部管内の20代女性。那覇市の30代男性は職場内で感染したと推測されるほか、名護市の10代男性は患者との接触があったという。

 17日は24人分を検査し、7人がはしかと判明した。【琉球新報電子版】