【平安座島=うるま】旧暦3月3日に当たる18日から、うるま市与那城の平安座島で「サングヮチャー」が始まった。3日間、豊漁や海の安全、健康などを祈願する。中日(ナカヌヒー)となった19日には、島民の無病息災などを願う「トゥダヌイユー」と「ナンザモーイ(ナンザ拝み)」が行われた。


旗頭やタマンのみこしを掲げ、大漁祈願をする参加者=4月19日午後、うるま市の平安座島

 島の神聖な広場「ちょうの浜」でノロにささげる歌を歌い、女性が銛(もり)で魚を突き刺し、銛で突いた「トゥダヌイユー」を担いで踊った。

 「ナンザモーイ」では、「大漁豊祝」の旗頭を先頭に、タマンのみこしを担ぎ、沖合の岩の島ナンザまで歩いて渡り、五嶋真智子平安座自治会長らが浜に上がり、大漁などを祈願した。

 みこしを担いだ彩橋中学校2年生の上田美貴さんは「ナンザに歩いて向かうのは大変だったけど楽しかった」と声を弾ませた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス