社会

「住宅地の上空飛ばさないで」 飛行禁止求め250人 米軍事故続発で集会 うるま市

うるま市上空の米軍機の飛行禁止などを求め、抗議の声を上げる市民ら=29日午後3時すぎ、沖縄県うるま市与那城

 【うるま】沖縄県うるま市の津堅島沖合での米軍パラシュート降下訓練の急増や伊計島での米軍機の不時着などを受け29日、うるま市与那城庁舎横の広場で「市上空での米軍機の飛行禁止を求める市民集会」(同実行委員会主催)が開かれた。

 市民約250人(主催者発表)が集まり、続発する米軍機の事件、事故に怒りの拳を上げた。冒頭、2年前に市内で発生した米軍属女性暴行殺人事件で被害に遭った女性の冥福を祈り黙とうをささげた。

 集会では、騒音が激化していることやパラシュート降下訓練が増加していることを非難。住民居住地上空の米軍機の飛行全面禁止や津堅島沖合でのパラシュート降下訓練禁止を日米合同委員会で決定し、明記することなど4項目の決議を採択した。実行委は、沖縄防衛局や外務省沖縄事務所を訪れ手渡す予定。

 実行委員長を務めた山内末子さんは「市民の命や暮らし、財産が脅かされている。今、日米両政府に向け抗議の声を上げなければならない」と呼び掛けた。

 1959年の石川・宮森小ジェット機事故を語り継ぐ「石川・宮森630会」の伊波洋正さんも登壇した。「私たちの上空から米軍機を追っ払おう」と訴えた。