スポーツ

敵地に響く声援「来季こそ」 キングスCS敗退、ファン声枯らし

キングスの選手に声援を送る会場に駆けつけたファンら=20日午後、千葉県の船橋アリーナ(大城直也撮影)

 【千葉県で嘉陽拓也】プロバスケットボールBリーグの年間王者を決める頂上決戦への切符を懸けた20日の準決勝。沖縄の琉球ゴールデンキングスはアウェーとなる千葉県の船橋アリーナで千葉ジェッツに惜しくも敗れた。キングスを決勝に押し上げたかったファンは、千葉のチームカラーの赤Tシャツで埋め尽くされる会場の中でも、白と黄金のキングスカラーのTシャツで結集し、声が枯れるまで応援し続けた。

 試合は序盤から大接戦となった。ファンはキングスがボールを奪えば腰を浮かせて喜び、フリースローの時には多くの人が拝むように手を組んで、パワーを送った。

 沖縄県うるま市出身で静岡県在住の安間智美さん(29)は「あと一歩が届かずめちゃくちゃ悔しい。いい流れもあっただけに残念」と話した。

 東京都在住の我如古直人さん(42)は「良い試合だった。来季はリベンジしてほしい」と語り、那覇市出身の鈴木伸美さん(52)は「選手はみんな頑張った。とても誇りに思う」と、来季の活躍を期待した。