社会

糸満 ハーレー鉦高らかに

ハーレーの季節の到来を告げる鉦を高らかに打ち鳴らす東恩納博行事委員長=10日午前5時2分ごろ、糸満市糸満の山巓毛

【糸満】糸満ハーレーが開かれる旧暦5月4日(ユッカヌヒー)の17日を前に、ハーレーの季節の到来を告げる鉦(かね)打ちが10日午前5時ごろ、糸満市糸満の山巓毛(さんてぃんもう)で行われた。

 市民ら約20人が見守る中、夜明け前の市内にハーレー鉦が高らかに響き渡った。
 
 鉦打ちは毎年、旧暦4月27日に行われている。昔からハーレー鉦が鳴ると梅雨が明けるともいわれている。
 
 今年から糸満ハーレー行事委員長を務める東恩納博糸満漁業協同組合代表理事組合長(63)は、御願バーレーに参加する西村、中村、新島の3村のうち、赤色の新島のハーレーギン(衣装)を身にまとい、「ウミンチュウの航海安全と無事故、大漁、そして糸満の民の繁栄と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願し、高らかにハーレー鉦を打ちたい」とあいさつ。東から南、西、北に向かって高らかにハーレー鉦を打ち鳴らした。

 糸満ハーレーは糸満漁港中地区で17日午前9時15分から開会式、午前10時から御願バーレーが行われる。職域には例年より20チームほど多い74チームが参加する予定。同日午前8時からは糸満市の北名城ビーチで名城ハーリーも開かれる。【琉球新報電子版】