社会

【台風6号】約30キロで東北東へ

台風6号の経路図(16日午後0時現在、気象庁のホームページより)

 台風6号は、那覇市の北北東約60キロを1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでいる。

 台風6号は、16日午後0時には那覇市の北北東約60キロにあって、1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでいます。中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の南東側390キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風の中心は、12時間後の17日午前0時には奄美大島の南約80キロの北緯27度40分、東経129度25分を中心とする半径60キロの円内に達する見込み。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルが予想される。

 台風はこの後、温帯低気圧に変わり、24時間後の17日午後0時には屋久島の南南東約130キロの北緯29度10分、東経130度55分を中心とする半径110キロの円内に達する見込み。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルが予想される。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス