社会

5センチの銃弾のようなもの見つかる 名護市数久田

銃弾のようなものが見つかった場所の付近=21日午後6時すぎ、名護市数久田

 【名護】21日午後2時2分ごろ、名護市数久田の農業小屋に銃弾のようなものが落ちているのを、所有者が見付け県警に通報した。

 数久田は米軍キャンプ・シュワブに隣接し、同基地では実弾演習も実施されている。


銃弾のようなものが見つかった場所の付近で立ち入りを規制する県警=21日午後6時すぎ、名護市数久田

 名護署によると、現場はマンゴー農家で小屋のガラスが2枚割れていた。

 人的被害は確認されていない。銃弾のようなものは長さ約5センチ。県警は現場を規制し、調べている。

 所有者の男性(43)は「まさかなーと思った。普段から射撃の音が聞こえている。最初に小屋を見た時、窓ガラスが割れて周辺に散らばっていた。管理された安全な場所だと思っていたので再発防止を求めたい」と話した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス