社会
台風21号接近

【台風8号】宮古島・八重山地方10日、警報級の大雨に

台風8号(9日午前9時20分、NICT「ひまわり8号リアルタイムweb」より)

 猛烈な台風8号は9日午前6時現在、日本の南にあり、1時間におよそ25キロの速さで西北西に進んでいる。

 10日には非常に強い勢力で先島諸島に接近する見込みで、沖縄地方の沿岸の海域ではうねりを伴った高波、八重山地方では暴風に対する厳重な警戒が必要。沖縄気象台は早めの台風対策を呼び掛けている。

 宮古島・八重山地方では10日、警報級の大雨となる見込み。多いところでは宮古島地方では1時間に100ミリ、八重山地方は1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒が必要。10日午前6時から24時間に予想される雨量は多いところで、宮古島地方が200ミリから300ミリ、八重山地方は200ミリから300ミリとなっている。

 沖縄気象台によると、台風8号が予想通りの進路をたどれば、宮古島地方は10日昼過ぎから夜にかけて、八重山地方は10日昼過ぎから11日午前中にかけて暴風となる。沖縄本島の中南部と久米島は予報円の中心から北寄りの進路をたどれば暴風となる可能性がある。暴風警報の発表予定は宮古島・八重山地方ともに10日朝から昼前となる見込み。

 最接近の見通しは沖縄本島地方が10日朝から昼前にかけて、久米島は10日昼過ぎから夕方にかけて、宮古島・八重山地方は10日夜になる見込み。


台風8号の経路図(9日午前6時現在、気象庁のホームページより)

 台風8号の勢力は9日午前6時現在、915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートル。12時間後の9日午後6時には「非常に強い」に勢力を弱め、南大東島の南約360キロを時速30キロで西北西に進む見込み。中心気圧は920ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は50キロ、最大瞬間風速は70キロ。10日午前6時の予報では中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっている。

 9日に予想される最大風速は、沖縄本島地方で13メートル(最大瞬間風速25メートル)、大東島地方で18メートル(同30メートル)、宮古島地方で13メートル(同25メートル)、八重山地方で10メートル(同20メートル)。10日は沖縄本島地方で23メートル(同35メートル)、大東島地方18メートル(同30メートル)、宮古島・八重山地方45メートル(同60メートル)となっている。

 大東島地方では9日夕方から10日にかけて大しけ、沖縄本島地方は9日昼過ぎから、先島地方では9日夜遅くからしけとなる見込み。さらに沖縄本島地方と先島諸島は10日から11日は猛烈なしけとなる恐れがある。10日に予想される波の高さは、大東島地方が8メートル、沖縄本島地方は9メートル、宮古島・八重山地方は12メートルとなっている。


 大東島地方では9日昼過ぎから、沖縄本島地方では10日未明から積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こる恐れがある。。【琉球新報電子版】