社会
台風8号接近

【台風8号・9日午後9時現在】暴風域伴い10日夕に先島地方に最接近 最大瞬間風速70メートルも 

台風8号の進路(9日午後9時現在、気象庁のホームページより)

 非常に強い台風8号は9日午後9時現在、南大東島の南約320キロにあり、1時間におよそ30キロの速さで西北西に進んでいる。

 暴風域を伴って沖縄地方に近づき、10日夕方には先島地方に最接近。最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルの猛烈な風が吹く見込みで、沖縄気象台が事前の対策と厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風8号は9日午後9時現在、中心気圧935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルで、中心から半径190キロでは風速25メートル以上の暴風となっている。

 10日午前9時には宮古島の東南東200キロに進み、県内への最接近は沖縄本島地方で10日昼前から昼過ぎ、宮古島地方で10日夕方、石垣島地方で10日夜の初め、与那国島地方で10日夜遅くになる予想。

 10日朝の宮古島地方を皮切りに先島地方が暴風域に入る見込み。宮古島市内の小中学校は10日、休校が決まっている。


台風8号(9日午後5時40分現在、NICT「ひまわり8号リアルタイムWeb」)

 台風の進路によっては沖縄本島地方も暴風域に入る恐れがある。

 10日に予想される最大風速は、宮古島地方と石垣島地方で50メートル(最大瞬間風速70メートル)、与那国島地方で35メートル(同50メートル)、沖縄本島地方で23メートル(同35メートル)。落雷や竜巻、突風被害の恐れもある。

 沿岸海域はうねりを伴い、先島地方では猛烈なしけとなる見込み。10日に予想される波の高さは宮古島地方、石垣島地方で12メートル、沖縄本島地方で9メートル。先島地方では警報級の大雨となる見込みで、土砂災害や低い土地の浸水にも注意が必要となっている。【琉球新報電子版】