社会
熱帯低気圧接近

【台風8号・10日午前4時現在】宮古島地方10日朝から猛烈な風 八重山地方昼過ぎから暴風 発達状況で本島10日暴風の恐れ

台風8号の進路(10日午前4時現在、気象庁のホームページより)

 非常に強い台風8号は10日午前4時現在、宮古島の東南東約360キロにあり、1時間におよそ30キロの速さで西北西に進んでいる。今後、那覇市の南海上を西北西に進み、勢力を維持し10日夕方から夜にかけて、先島諸島にかなり接近する見込み。

 宮古島地方では、10日朝から急激に風が強まり猛烈な風が吹く見込み。八重山地方でも早い所で10日昼過ぎには暴風となる見込み。沖縄気象台は暴風への厳重な警戒を呼び掛けている。沖縄地方の沿岸の海域では、11日にかけて高波への厳重な警戒も必要。

 台風8号が比較的早い速度で接近するため、先島諸島では急激に風が強まり、宮古島地方は10日朝から、八重山地方は早い所で10日昼過ぎから暴風となる見込み。宮古島地方では北東のち南東の風が、八重山地方は北西のち南西の風が猛烈に吹く見込み。先島諸島では、暴風への厳重な警戒が必要。沖縄本島地方では、東の風が非常に強く吹き、大東島地方では東の風が強く吹く。台風の発達状況等によっては、沖縄本島地方でも10日は暴風となる恐れがある。

台風8号の最接近は、沖縄本島地方が10日昼前から昼過ぎ、宮古島地方が10日夕方、八重山地方が10日朝になる見込み。八重山地方には10日朝にも暴風警報が発表される予定。沖縄本島地方への暴風警報発表について気象台は「動向に注意」としている。

 台風の接近で予想される最大風速(最大瞬間風速)は10日が沖縄本島地方23メートル(35メートル)、大東島地方18メートル(30メートル)、宮古島地方50メートル(70メートル)、八重山地方45メートル(65メートル)、11日が沖縄本島地方15メートル(25メートル)、大東島地方10メートル(20メートル)、宮古島地方25メートル(35メートル)、八重山地方35メートル(50メートル)となっている。

 台風第8号の10日午前4時現在の中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北東側440キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄地方の沿岸の海域ではうねりを伴い、沖縄本島地方や大東島地方では大しけとなっており、先島諸島では、早い所で10日朝から大しけとなる。沖縄本島地方や先島諸島では、10日はさらに波が高まり、11日にかけて猛烈にしける見込み。気象台は海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に厳重な警戒を呼び掛けている。予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)は沖縄本島地方は10日9メートル、11日7メートル、大東島地方は10日7メートル、11日4メートル、宮古島地方は10日12メートル、11日9メートル、八重山地方10日12メートル、11日10メートルとなっている。

 先島諸島では、台風本体の雨雲がかかり、雷を伴い猛烈な雨が降る見込み。多い所で、宮古島地方では10日夕方から1時間に100ミリ、八重山地方では10日夜には1時間に80ミリの警報級の大雨となる見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要。11日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で宮古島地方350ミリ、八重山地方250ミリ。その後12日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で八重山地方100から150ミリとなっている。

 さらに台風の接近に伴い、沖縄本島地方と先島諸島では潮位が高くなる見込み。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に注意が必要。注意が必要な期間と予想される最高潮位(標高)は沖縄本島地方の10日明け方が1.3メートル、10日夕方から夜のはじめ頃が1.4メートル、宮古島地方は10日夕方から夜のはじめ頃で1.8メートル、八重山地方は10日夕方から夜のはじめ頃で1.5メートル。

 沖縄本島地方や先島諸島では11日にかけて、積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こる恐れがある。屋外活動などへの注意が必要。気象台は発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう呼び掛けている。【琉球新報電子版】