芸能・文化

パワフルな音色で魅了 吉見友貴さんピアノリサイタル

感情をぶつけるように激しい演奏を聴かせた吉見友貴さん=19日夜、浦添市てだこホール小ホール

 クラシック音楽の普及を目指すビューローダンケ主催のコンサートシリーズ第1回「吉見友貴ピアノリサイタル」(琉球新報社共催)が19日、浦添市てだこホールで開かれた。高校生ピアニストの吉見さんが弾くみずみずしくパワフルな音に観客は終始聴き入った。吉見さんはショパンやラベル、ベートーベンらの曲を演奏。ベートーベン「ピアノソナタ第23番ヘ短調作品57『熱情』」では感情をぶつけるような激しい演奏を聴かせ、観客の心を打った。

 開邦高校芸術科音楽コース2年の伊波蘭菜さん(17)もリスト「パガニーニによる大練習曲」などを弾き、潤いのあるピアノの音を聴かせた。伊波さんの友人で自身もピアノを習っている沖縄尚学高校2年の比嘉桃子さん(17)=沖縄市=は「完璧な演奏だった。蘭菜もとてもきれいな音色で素晴らしかった」と笑顔で語った。

 シリーズ第2回「工藤すみれチェロリサイタル」は9月7日午後7時から同ホールで開催される。入場料は前売り一般3800円、学生千円(当日各500円増し)。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス