社会

「建設止まって!!」 知事の承認撤回表明に座り込み市民ら歓喜 辺野古ゲートには資材搬入続く

翁長雄志知事による新基地建設の埋め立て承認の撤回表明をインターネット中継で聞き、喜ぶ市民ら=27日午前10時45分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設をめぐり、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で新基地建設に反対する市民らは27日午前、沖縄県の翁長雄志知事が前知事の埋め立て承認の撤回を表明する記者会見をインターネット中継で見守った。


スイカを掲げ、新基地建設の埋め立て承認撤回を喜ぶ市民ら=27日午前11時ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 午前10時45分ごろ、撤回表明の知事の言葉が流れると、市民らは両手をあげたり、握手を交わしたりして喜んだ。「この表明で建設が止まってほしい」「県民の思いが一つになる好機だ」などの声が上がった。


翁長雄志知事による新基地建設の埋め立て承認の撤回表明後、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では資材の搬入が続いた=27日正午ごろ、名護市辺野古

 沖縄防衛局はこの日も工事を実施した。シュワブ前の搬入口では、知事の承認撤回の表明後の正午までに、2回の搬入があった。抗議する市民らを県警機動隊が「排除」した。また本部港塩川地区(本部町)でも新基地建設に使用される土砂が船に積み込まれていた。【琉球新報電子版】