政治

知事選へ 安里氏と佐喜真氏が面談 「候補者一本化」を確認

知事選について話し合う安里繁信氏(左端)と佐喜真淳氏(右端)=31日午前9時ごろ、那覇市内

 11月18日投開票の県知事選に向け、出馬の意思を示している宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)と元沖縄観光コンベンションビューロー会長の安里繁信氏(48)が31日午前、那覇市内で会談した。

 自民党県連では候補者の一本化に向けた作業を進めており、この日の会談には国場幸之助会長や島袋大幹事長ら県連幹部らも同席した。今後、双方で政策などをすり合わせるといい、県連は佐喜真氏への一本化に向けて調整を続ける。
 
 会談終了後、報道陣の取材に応じた国場会長は「県政の奪還、そして新しい沖縄をつくるためには保守中道勢力の一本化が必要だということを確認した。非常に前向き会議で重要な第一歩となったと確信している」と語った。

 知事選を巡っては、佐喜真氏は自民県連などでつくる候補者選考委員会の出馬要請を受け、30日に正式受諾した。安里氏は7月初旬に立候補を表明し、すでに後援会事務所も開設している。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス