政治
継ぐ・翁長雄志沖縄県知事死去

ゴルバチョフ氏、翁長知事に追悼文

ミハイル・ゴルバチョフ氏

 東西冷戦終結の立役者で、ノーベル平和賞を受賞したミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領(87)は10日、琉球新報に対し、死去した翁長雄志知事への追悼文を寄せた。

 追悼文は「彼の活動の基本方針は、平和のための戦いであり、軍事基地拡大への反対と生活環境向上が両輪だった」とした上で「翁長雄志は私たちの中で永久に生き続けます」と結んでいる。

 ゴルバチョフ氏は、ゴルバチョフ財団日本事務所代表の服部年伸氏に対し「翁長氏は、沖縄の代表のみならず日本の政治家の中でもスーパーだ。将来首相でも十分やっていける人物」と評したという。


翁長知事の死去を悼むゴルバチョフ氏の追悼文

 追悼文は9日付で翁長知事の妻・樹子さん宛て。服部氏は10日、翁長雄志後援会の国吉真太郎会長に追悼文を送付し、託した。

………………………………………………………………

ゴルバチョフ氏からの追悼文翻訳

 尊敬する翁長樹子様

 翁長雄志知事の突然の訃報に深い哀悼の意を表します。再会を楽しみにしていた私にとって悲しみが大きく言葉が見つかりません。

 翁長雄志さんは優秀な政治家であり、立派な人間でありました。私は翁長さんと何度も会いました。

 彼はいつも不変で堅固な意志を持ちながら、将来への明確なビジョンを持っていました。彼の活動の基本方針は、平和のための戦いであり、軍事基地拡大への反対と生活環境向上が両輪でした。

 私、そしてゴルバチョフ財団の全職員から心からのお悔やみを表明し、この悲しみを沖縄県民の皆さまと分かち合いたいと思います。

 翁長雄志さんは私たちの中で永久に生き続けます。

  2018年8月9日
  モスクワにて
  ミハイル・ゴルバチョフ