社会

【台風19号】南大東で最大瞬間25・5メートル 沖縄本島21日夜遅くに最接近 暴風域には入らず

20日午前8時30分時点の衛星画像(ひまわりリアルタイムWebより)

 非常に強い台風19号は21日午前8時現在、南大東島の北北東約220キロにあり、1時間におよそ25キロの速さで西北西へ進んでいる。今後、南大東島の東北東の海上を北西に進み、21日夜遅くに沖縄本島地方に最も接近する見込み。本島北部では21日昼過ぎから、本島中南部では21日夕方から西の風が強く吹き、沿岸の海域では21日昼前からうねりを伴いしける見込み。沖縄気象台は強風や高波への注意を呼び掛けている。大東島地方には21日午前6時から午前9時の間に最も接近した。沖縄本島地方は暴風域には入らない見通し。

 台風19号の21日午前3時現在の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。


台風19号と20号の経路図(21日午前8時現在、気象庁HPより)

 最大瞬間風速は21日午前7時49分に南大東で25・5メートル、北大東では午前4時51分に22・6メートルを観測した。

 今後予想される最大風速は21日の大東島地方が23メートル(最大瞬間風速35メートル)、沖縄本島地方が17メートル(同30メートル)、22日は大東島地方が13メートル(同25メートル)、沖縄本島地方が17メートル(同30メートル)。波はうねりを伴い、大東島地方で21日が6メートル、22日が4メートル、沖縄本島地方で21日と22日の両日ともに4メートルとなっている。


台風19号の経路図(21日午前8時現在、気象庁HPより)

 大東島地方では21日は多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。沖縄本島地方では21日夜のはじめごろから雷が発生する恐れがある。


台風20号の経路図(21日午前6時現在、気象庁HPより)

 台風20号は21日午前6時現在、マリアナ諸島にあり、1時間におよそ25キロの速さで北西に進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速40メートル。沖縄地方は暴風域には入らない見込み。【琉球新報電子版】