くらし

〝路上寝〟絶対ダメ キングス選手、ポスター起用 与那原署

琉球ゴールデンキングスの選手写真を活用し、路上寝の注意を呼び掛ける与那原署作成のポスター

 【与那原】「Stop 路上寝」―。沖縄県の与那原署(与那城武署長)はこのほど、泥酔して道路などで寝込む「路上寝」の注意を呼び掛けるため、プロバスケットボール琉球ゴールデンキングスの選手の写真を活用したポスターを作成した。路上寝の注意を呼び掛けるポスターを作成するのは県警で初めてという。


琉球ゴールデンキングスの安永淳一取締役兼社長室長(左)と友利太河さん(左から2人目)に感謝状を贈呈する与那原署の与那城武署長(前列右)=16日、与那原署

 ポスターはキングスの金城茂之、岸本隆一、アイラ・ブラウン3選手の写真を掲載。路上寝で「交通事故や窃盗被害、性犯罪被害に遭う危険性があり、注意が必要」とし、車の運転手にハイビーム活用、県民に適正飲酒などを呼び掛けている。同署はポスターを、管内の飲食店内に貼ってもらったり、地域住民に配ったりする。

 同署による小学生への交通安全教室では、配布されるポスターに子どもたちが殺到するという。同署は16日、与那原町の同署で、キングスの安永淳一取締役兼社長室長と、デザインなどを担当した企画部の友利太河さんにポスター作成協力への感謝状を贈呈した。

 安永取締役は「防犯などで少しでも役に立てれば」と話した。与那城署長は「適正飲酒を県民に意識してもらうため、ポスターを活用させていただく」と述べた。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス