地域

全国青年市長会「特色ある施策」 “提出困難な婚姻届ツアー”が1位 山越え 海底の宝箱から…

表彰状が刻まれた升を手に受賞を喜ぶ中山義隆石垣市長=21日、市役所

 【石垣】石垣市が移住・定住支援プロジェクトの一環として2017年度に実施した「世界一提出が困難な婚姻届ツアー」が、全国青年市長会の「特色ある施策2017」の優秀施策(会員投票の部)で1位に選ばれた。17日に宮城県で開催された全国青年市長会総会で表彰された。

 ツアーは、入籍を予定するカップルに、石垣島を縦断しながら野底マーペー登山や海底の宝箱からの婚姻届入手という“任務”が与えられるという内容。2人で試練を乗り越えることで、結婚後の困難にも打ち勝てるとの意味を込めた。

 市とHIS、電通が共同で開発した。17年12月16日~18年3月14日に催行され、県外から3組が参加した。

 「特色ある施策2017」には35市から85施策の応募があった。市は3施策を応募。会員票141票(47市)のうち、「婚姻届ツアー」が11票を獲得し1位に輝いた。

 21日に会見を開いた中山義隆市長は「移住・定住の観点だけでなく、PRしたい観光地をツアーに組み込むという、他の市でも実施できる仕組みが評価されたのではないか」と話した。