経済

なめらか アグー生ハム もも肉2年かけ熟成

自慢の生ハムを「一度食べてみてほしい」と勧めるキンアグーの國場盛光代表=1日午後、金武町金武

 金武町金武の畜産業、キンアグー(國場盛光代表)が10月から無添加のアグー豚生ハムを販売する。もも肉を約2年かけて熟成させた。同社によるとアグー豚の生ハム製造、販売は県内で初めて。1本(7~8キロ)8万円(税抜き)で販売する予定。

 生ハム製造は2016年から取り組んだ。うまみを作り出すために必要な熟成が高温多湿の沖縄では難しいことから、金武町商工会の協力を得て長野県八ヶ岳で生ハム製造に取り組む専門家に依頼した。

 肉に揉み込む塩は岩塩と県産の塩をブレンドした。できる限り塩分を落としており、口中でなめらかに溶ける脂は甘く、あっさりとしているのが特徴。

 國場代表は「無添加にこだわった。沖縄の食材で作ったものなので、県民のみならず県外の沖縄ファンの方にも食べてもらいたい」と話した。問い合わせはキンアグー(電話)098(968)3824