社会

豪快に、しなやかに 全島エイサー青年まつり

第63回全島エイサーまつりの中日は、壮大な演舞に花火とレーザーショーで会場は大勢の観客で沸きあがった(写真は久保田青年会)=1日夜、沖縄市コザ運動公園(喜瀨守昭撮影)

 【沖縄】第63回沖縄全島エイサーまつり(主催・同実行委員会=沖縄市、琉球新報社、沖縄テレビ放送、市観光物産振興協会、市青年団協議会)は中日の1日、市コザ運動公園陸上競技場で第40回沖縄市青年まつりを開催した。市内の青年会を中心に、14団体が迫力の演舞を披露した。

 沖縄市安慶田青年会を皮切りに、東、松本など市内から12青年会が出演したほか、うるま市具志川、宜野湾市伊佐区青年会も出演。トリは2010年に再結成した中の町青年会が躍動感ある踊りで会場を圧巻した。

 最終日の2日午後3~9時には、同会場で本祭が行われ、14団体が力強いしなやかな演舞で、沖縄の夜空にエイサーの音色を響かせる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス