経済

沖縄公庫、ペイクに2億出資 上場向け財務基盤強化

第三者割当増資により資金調達したPaykeの古田奎輔CEO(中央)と比嘉良寛CFO(右端)、花城昂平CTO(右から2人目)と、2億円を出資した沖縄振興開発金融公庫の新垣尚之新事業育成出資室長(左から2人目)、宮良東調査役(左端)=12日、那覇市おもろまちの沖縄振興開発金融公庫

 訪日外国人向けのITサービスを提供するPayke(ペイク、那覇市、古田奎輔CEO)は15日までに、第三者割当増資を実施し5社から総額約10億円の資金を調達した。うち2億円は沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)が出資した。同社への出資は17年の1億1千万円に続き2度目。公庫によると、ベンチャー企業に一度に2億円を出資するのは過去最高という。

 同社は商品バーコードにスマートフォンをかざすと商品情報が多言語で表示されるアプリ「Payke」を提供している。総ダウンロード数は8月現在で約70万人。利用者の98%は外国人で、アジアを中心に世界138カ国でダウンロードされている。

 調達した資金を海外での広告や人材獲得、将来的な上場準備に向けた財務基盤強化などに充てる。今後、商品説明を見た利用者に関連性のある別の商品を勧める広告サービスなどを展開する予定という。

 古田CEOは「地方で10億円の増資というのはなかなかない。これでやっと全国規模のベンチャーと同じ土俵に乗ることができた。これからさらに熾烈(しれつ)な闘いになる。気合を入れ直したい」と意気込んだ。