スポーツ

沖水が決勝進出 國吉がノーヒットノーラン達成 県高校野球秋季大会

7回表、好フィールディングを見せる沖水の國吉吹(右から2人目)=6日、コザしんきんスタジアム

 高校野球の第68回県秋季選手権大会第12日は6日、沖縄市のコザしんきんスタジアムで準決勝の第2試合があり、沖縄水産が1-0で沖縄尚学に競り勝ち、14年ぶり14度目の決勝進出を決めた。

 沖水は甲子園球場である第91回全国選抜大会出場の参考資料となる第143回九州地区大会(10月20~25日、熊本県)への出場権を獲得した。九州大会の出場は19季ぶり27度目。

 沖縄水産の國吉吹、沖縄尚学の仲村渠春悟の両先発が好投し、スコアボードには0が並んだ。

 息詰まるような投手戦の中、沖縄水産は九回表、この回から継投した沖縄尚学比嘉大智に対し、4番真栄城徳次郎が安打で出塁、犠打や暴投で1死三塁から6番・三木健正のスクイズで待望の先制点を挙げた。

 沖縄水産の先発の國吉は最後まで力投し、無安打無得点試合を達成した。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス