政治

翁長前知事悼む県民葬始まる 玉城知事「翁長さんの遺志継ぐ」

多くの人々が参列し、営まれた翁長雄志前沖縄県知事県民葬=9日午後、那覇市の県立武道館

 沖縄県知事や那覇市長を歴任し、沖縄の振興発展と福祉の向上に尽力した前知事の翁長雄志氏=享年67=の功績をたたえ、冥福を祈る県民葬(同実行委員会主催)が9日午後2時から、那覇市の県立武道館で始まった。武道館の2400席は招待客と一般参列者で埋まり、献花に訪れた参加者の列は会場の外まであふれた。

 翁長氏の妻樹子さん、長男雄一郎さんが遺影を持って入場し、遺影を祭壇に据えた。

 実行委員長として式辞を述べた玉城デニー知事は、翁長氏が生前、知事公舎のガジュマルの前の石碑に刻んだ「芯や天冠(てぃんか)みてい、枝や國廣(くにふぃる)ぎ、根(ふぃじ)や地(じ)の底(すく)に、果てぃん無(ねぇ)らむ(幹は天にも達し、枝は国中に広がり、根は地の底に果てしなく張り巡らされている)」の琉歌を引用し、「沖縄は今まさに、東アジアの中心として世界に枝を広げ、人々を魅了してやまない伝統文化と多様な個性が輝く場所として根を張ろうとしている。翁長雄志さんの目指した大きな木になるため、一歩一歩着実に発展を続けている」と県政の発展に尽くした功績をたたえた。

 玉城知事は「われわれ沖縄県民は、翁長雄志さんの遺志を引き継いで、ウヤファーフジ(先祖)を敬い、自然を愛し、他者の痛みに寄り添うチムグクルをもって自立と共生の沖縄を創りあげ、生まれてくる子どもたち、明日を担う若者たちに、平和で豊かな誇りある沖縄を託せるよう、一丸となって努力し続ける」と述べ、平和な沖縄県づくりを誓った。

 安倍晋三首相の代理として菅義偉官房長官が弔辞を代読するほか、城間幹子那覇市長、石嶺伝一郎県経済団体会議議長、友人代表で呉屋守将金秀グループ会長が弔辞をささげる。【琉球新報電子版】