社会

毒グモ、沖縄市の公園で確認 特定外来生物 市が成虫と卵を捕獲

ハイイロゴケグモ(右)と卵のう(県衛生環境研究所提供)

 【沖縄】沖縄市東の若夏公園で毒性がある特定外来生物の「ハイイロゴケグモ」が確認され、市は注意を呼び掛けている。市建設公園課の職員が15日、同公園内で成虫と卵を捕獲した。一時的に遊具が使用禁止になっていたが、16日までに駆除し、現在は看板設置で注意喚起している。

 ハイイロゴケグモは大きさ約7ミリ~1センチ。毒を持つのは雌のみで、攻撃性はないが触るとかまれることがある。かまれると、痛みや熱感、かゆみなどの症状が現れる。県衛生環境研究所によると、全県的に生息しているという。

 沖縄市は「素手で捕まえたり、触ったりしないようにしてほしい。かまれた場合は速やかに医療機関に相談してほしい」と呼び掛けている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス