政治

県民投票「2択」へ 県議会 あす与党案で条例可決

県民投票条例の与党修正案が与党の賛成多数で可決された=24日、県議会

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票条例案を巡り、県議会米軍基地関係特別委員会は24日、県政与党が提出した修正案を賛成多数で可決した。特別委の後には総務企画委が開かれ、県民投票にかかる経費を計上した補正予算案も与党の賛成多数で可決した。野党・中立が選択肢を4択とする案を提案したが、採決の結果、賛否2択とする与党修正案が可決された。補正予算案とともに26日の本会議で可決、成立する見通し。

 特別委では、条例制定請求者の意向を踏まえ、埋め立ての賛否のみを問う与党案と、「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えて選択肢を4択とした自公案の両案を審査した。

 修正案の一本化に向け与党と自公で協議し、自民党が、賛否と「どちらとも言えない」の3択に絞り込むことを提案したが、与党は、条例制定請求者の趣旨は賛否の2択だとして折り合わなかった。与党案について野党の自民と中立の公明両党は「2択では選択肢が少ない」と反対し、維新は「本会議で意思を示す」として退席し、賛成多数で可決された。自公案は賛成少数で否決された。