社会

糸満で闘犬が行方不明に 盗まれた可能性も

 糸満署は24日、糸満市摩文仁の空き地で飼育されていた体長約1メートルの闘犬アメリカン・ピットブルテリア1匹が行方不明になっていると発表した。同署によると、飼い主の男性が21日に餌を与えに訪れた際にはおりの中にいたが、23日夜に餌を与えに訪れるとおりの中からいなくなっていたという。おりは飼い主のものではない南京(なんきん)錠で施錠されていたという。同署は何者かが闘犬を盗んだり、おりの外に放ったりした可能性も視野に捜査を進めるとともに、注意を呼び掛けている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス