経済

小中校跡地にホテル 沖縄・古宇利島、20年春開業

 【今帰仁】2013年に閉校した今帰仁村の古宇利小中学校跡地に、コンドミニアム型のホテル「コルディオ琉球テラス&ヴィラズ古宇利」が20年3月をめどに開業する。1日、村と代表事業者のコルディオ今帰仁リゾート(今帰仁村、與古田勇二代表)が村役場で会見し、発表した。


今帰仁村古宇利に建設予定の「コルディオ琉球テラス&ヴィラズ古宇利」完成予想図(コルディオ今帰仁リゾート提供)

握手をする今帰仁村の喜屋武治樹村長(左)と、「コルディオ今帰仁リゾート」の與古田勇二代表=1日、今帰仁村役場

 ホテルは平屋建てタイプ14棟とメゾネットタイプ30室で、いずれも約100平方メートルで8人まで宿泊できる。チャペルやプールのほか地域との交流行事などを想定して「地域交流広場」も併設する。

 跡地にある校舎は年内にも取り壊し、19年1月にも着工する。予約は20年1月ごろからホテル予約サイトや旅行会社などを通して受け付ける。総工費は約20億円。

 コルディオ今帰仁リゾートは施工のアイホーム(北谷町、渡久川剛社長)、設計・監理のデザインスタジオ琉球樂団(浦添市、久髙実社長)、運営のジョイ(北谷町、與古田勇二社長)でつくる合同会社。

 会見で與古田代表は「地元の人たちを優先的に雇用したい」と述べた。喜屋武治樹村長は「(ホテルは)古宇利島の海や眺望にマッチすると思う」と語った。