経済

安価客船市場に商機 沖国大総研フォーラム ニーズと課題提起

パネル討議でクルーズ船受け入れの課題や沖縄振興などについて議論を深める池田良穂大阪府立大名誉教授(左端)ら=11日、宜野湾市の沖縄国際大学

 沖国大産業総合研究所第27回フォーラム「沖縄のクルーズ観光と地域的対応」(同研究所主催、琉球新報社共催)が11日、沖縄国際大学で開かれた。

 日本クルーズ&フェリー学会前会長の池田良穂大阪府立大学名誉教授が基調講演し、世界的に1泊1万円台からの安価なカジュアルクルーズ需要が爆発的に増えていることを強調し、14兆円の巨大市場をどう取り込むかが課題だと提起した。

 池田氏は日本では伝統的なラグジュアリークルーズや探検クルーズのイメージが強いが「世界市場は合わせても4%程度で、カジュアルクルーズが80%を占めている」と説明。各社ともコストを抑えるために大型化を進めており、最大級のクルーズ船は一度に6千人が乗船できるようになっていると紹介した。

 その中で、中国を拠点とした定点定期クルーズが増えており「10年ほどでゼロが240万人になった」と強調した。

 2030年には1千万人市場に成長すると見込んだ。特に中国南部の厦門や香港からの出航が増えており、距離的な近さからも「沖縄が選ばれている」と指摘した。

 その後、パネリストの同大の比嘉正茂准教授、田口順等准教授と中部広域市町村圏事務組合の仲宗根亨氏、同事務組合クルーズ船アドバイザーの荻野利明氏、吉川太朗氏が報告した。クルーズ観光と沖縄振興や着地型観光商品の開発について紹介した。

 さらに池田氏とパネリストに、コーディネーターの同大の兪炳強(ゆへいきょう)教授が加わりパネル討議が行われ議論を深めた。