スポーツ

「世界選手権向け課題に集中」 大分車いすマラソンVの喜納選手凱旋

那覇空港に到着した喜納翼選手(中央)とコーチの下地隆之さん(右)、喜名さんの父・肇さん=19日夕、那覇空港(滝畠豊美撮影)

 18日に行われた大分国際車いすマラソンから一夜明け、女子T34/53/54で1時間39分36秒をマークして優勝した喜納翼選手(28)=タイヤランド沖縄=と下地隆之コーチ(38)が19日、凱旋(がいせん)した。喜納選手は、来年4月にある世界選手権への出場が内定し、そこで4位以上なら、2020年の東京パラリンピックの代表候補として推薦される。那覇空港に到着した喜納選手は「まずは世界選手権に向けて一つ一つ課題に集中する」と意気込んだ。

 2016年の同大会初優勝に次ぐ、自己ベストを更新しての2度目の頂点に、喜納選手は「この結果は、下地コーチのおかげ。教えてくれたことを全て出せた」と喜んだ。

 空港で出迎えた父の肇さん(58)によると、喜納選手は小さい頃から目標に真っすぐ向かう努力家だった。肇さんは「すごく努力している。それが結果につながってうれしい」と娘の飛躍に目を細めた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス