経済

島のまーさむんが大集合 30回目の離島フェアが開幕 

「初日から大勢の来場者でにぎわう特産品会場=23日、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇

 「離島フェア2018」(主催・同実行委員会)が23日、那覇市奥武山の沖縄セルラーパーク那覇で始まった。25日まで。今年で30回目を迎えた同フェアでは「まだ見ぬ島の魅力!島の時感!再発見」をテーマに、県内離島の魅力を広く発信していく。


「特産品会場の試食ブースで試食を楽しむ来場者=23日、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇」

 会場では、116社が出展する特産品約980品の展示販売や11市町村16店の離島食堂などが楽しめる。


テープカットで開幕した「離島フェア2018」=23日午前、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇

 宮古島の宮古みそや与那国町のよなぐに織、伊江村の伊江島牛など各離島の特産品に来場者は楽しんだ。

 大西克典さん(56)=那覇市=は「離島の特産品に触れられるいい機会だ」と話し、フェアを楽しんだ。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス