社会

特産品980点ずらり あすまで 那覇で離島フェア

多くの来場者でにぎわった「離島フェア2018」の特産品会場=23日午前、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇(田中芳撮影)

 「まだ見ぬ島の魅力!島の時感!再発見」をテーマに、離島フェア2018(主催・同実行委員会)が23日、那覇市奥武山町の沖縄セルラーパーク那覇で始まった。今年で30回目を迎え、25日まで県内離島の魅力を広く発信する。

 宮古島の宮古みそや石垣島のハム・ソーセージ、伊江村の伊江島牛など、各地の特産品約980品の展示販売や11市町村16店の離島食堂などがあり、初日から県内外から訪れた多くの来場者でにぎわった。

 毎年足を運んでいるという島袋京子さん(83)=那覇市=は、買い物袋いっぱいに各地の特産品を購入した。「食品や衣類などを一度に見て購入できるところがいい」と、イベントを満喫していた。

 会場では30周年特別企画として「離島フェア30年の歩み展」も実施している。特設ステージでは各地の芸能が披露される。