政治

沖縄県が県民投票2月24日実施を発表 玉城知事「県民の意思を直接反映させる重要な機会」

県民投票の投票日を発表する玉城デニー知事=27日、沖縄県庁

 玉城デニー知事は27日午後3時半から県庁で会見し、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票について、投票日を来年2月24日に決めたことを正式に発表した。

 投票日10日前の2月14日に告示する。

 玉城知事は「投票を通して県民の意思を直接反映させることができる大変重要な機会となる。ぜひ投票に参加して皆さまの意思を示していただくことを心から希望する」と県民に投票を呼び掛けるとともに、全ての市町村で投票が実施できるよう市町村長や議会に協力の要請を続けていく考えを示した。

 今回の県民投票は、条例制定を求める9万2848筆の住民署名が集まり、県知事への署名の提出を経て、10月26日に県議会で条例が成立した。有権者は辺野古埋め立てについて「賛成」「反対」の2択で選択する。【琉球新報電子版】