社会

夜を徹してともる電球 正月向け黙々作業の電照菊農家

こうこうとともる電球の下、黙々とキクの手入れをする農家 =27日未明、中城村津覇(ジャン松元撮影)

 師走が近づき県内では、正月用キクの出荷に向けて農家が電照菊栽培に精を出している。ずらりとつるされた電球が夜を徹して明るくともる中、黙々と作業をしていた。

 電照菊はキクに夜間一定時間、電灯を当てることで開花時期を遅らせる抑制栽培方法。夏や秋に咲く品種を冬から春にかけて出荷することができる。

 中城村津覇の農家男性(47)は来年の正月用と彼岸用の大ギク、小ギクを栽培している。27日未明、病害虫防除の作業に汗を流していた。「今年は台風などの影響もあったが、土作りから試行錯誤した。順調に育ってほしい」と笑顔で話した。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス