政治

運搬船5隻がシュワブ沖に入域 土砂陸揚げへ 岩屋防衛相会見

岩屋毅防衛相

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、岩屋毅防衛相は7日午前の会見で、埋め立て土砂を積んだ運搬船を含む船5隻を「キャンプ・シュワブ沖に入域させた」と明らかにした。今月14日に土砂を投入する予定についても変更はないと説明した。

 船は今後、護岸に接岸し土砂を陸揚げするとみられるが、時期について岩屋氏は「今後の気象状況等を踏まえ判断していくことになる」述べた。

 5隻のうち埋め立て土砂を積載した運搬船が4隻で、もう1隻は地上に車両や重機などが乗り降りできる橋を搭載した「ランプウェイ台船」だという。【琉球新報電子版】