芸能・文化

首里城の朱 鮮やかに 漆塗り直し3年

彩色や金箔を修復し漆を塗り直した首里城正殿=2018年3月(沖縄総合事務局提供)

作業実施前の首里城正殿=2016年6月(沖縄総合事務局提供)

 沖縄総合事務局は6日、2016年度から約3年にわたって実施してきた首里城(那覇市)正殿の漆塗り直し作業が11月29日で完了したと発表した。1992年に復元されて以来、外壁部を全面的に塗り直したのは初めて。竜や獅子の模様を施した唐破風(からはふ)、正殿から突き出す4本の向拝柱(こうはいばしら)などに施された彩色や金箔(きんぱく)も修復して、復元当時の鮮やかさを取り戻した。

 首里城は天然塗料を塗っているが、強い日差しや風雨にさらされて消耗していた。同局開発建設部の中島靖部長は「無事に復元当時の姿に戻すことができた。首里城正殿の朱(あか)を皆さんに見てほしい」と語った。