政治

Yナンバー減税、46年間で278億円 沖縄県、日本復帰後

Yナンバー(資料写真)

 日米地位協定が規定する在日米軍人・軍属とその家族が乗る私有車両(Yナンバー)への課税軽減措置について、沖縄が日本復帰した1972年度から2017年度までの46年間で、民間車両並みに課税した場合との差額が累計で278億994万円となることが分かった。10日の県議会11月定例会一般質問で金城弘昌総務部長が説明した。瀬長美佐雄氏(共産)への答弁。

 17年度の1年間でみると、Yナンバーへの課税額は自動車税が3億203万円、軽自動車税が554万円だったが、標準税率で課税した場合は自動車税は9億8764万円、軽自動車税は1729万円となる。米軍が軽減を受けている額は自動車税が6億8561万、軽自動車税が1175万円で、差額の合計は6億9736万円となっている。

 自動車にかかる税は乗用車が県に、軽自動車と自動二輪の分が市町村の財源となる。金城部長は「民間車両と比較して著しい税率となっていることから、同じ税率で課税できるよう繰り返し国に要望している」と県の立場を説明した。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス