経済

ドン・キホーテ、那覇・壺川に新店 訪日客呼び込み期待

 ディスカウントショップ大手ドン・キホーテが沖縄県那覇市壺川3丁目に建設中の施設内に出店する方針であることが20日、分かった。同施設はモノレール壺川駅や那覇空港からのアクセスが便利で、ホテル「東急ステイ」が入ることが決まっている。国際通りにも近いエリアで訪日外国客の呼び込みなども期待できる。


 同施設は地上11階建てで、敷地面積は約4千平方メートル、延べ床面積は約2万平方メートル。今年6月に着工し、2019年度冬の完成を予定している。1、2階部分が商業施設フロアで、ドン・キホーテが入居する予定。店舗面積は約3500平方メートルとなる見通し。3、4階は駐車場で、5~11階に東急ステイが入居する。

 ドン・キホーテ広報は「現時点で発表できる情報はない」としている。ドン・キホーテは国際通りや宜野湾市、うるま市、名護市や宮古島市、石垣市に店舗を出している。(平安太一)