社会

子どもたちに夢を 子どもの未来県民会議 応援ソング制作発表

「子ども応援ソング」のDVDを手にする(左から)平田大一さん、知名定男さん、玉城デニー知事、宮沢和史さん、県子ども生活福祉部の大城玲子部長=21日、県庁

 沖縄子どもの未来県民会議は21日、沖縄ゆかりのアーティスト31人の協力を得て「子ども応援ソング」のDVDを制作したと発表した。県民会議への寄付やサポーター入会の返礼品として配られる。アーティストは無償で参加し「てぃんさぐぬ花」を歌い上げた。出演した民謡歌手の知名定男さんや元「THE BOOM」の宮沢和史さんが同日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、歌に込めた思いを語った。

 県民会議は子どもの貧困問題解消に向けて取り組む官民一体の組織で、玉城知事が会長を務めている。DVD本編は約7分でアーティストが代わる代わる歌う。約5分の特典映像では子どもたちへ応援メッセージを寄せている。

 知名さんは「久しぶりに良い仕事したかな」と話して笑いを誘い、「今後のウチナーは子どもたちが担っていく。大人が責任を持って良い環境を構築していくことが大事だ」と強調した。宮沢さんは夢を持つ大切さを語り「参加した唄者は歌い手になるために子どもの頃から頑張ってきた。その人たちが歌うことでより説得力が出るのではないか」と話した。