社会

米軍嘉手納基地南側に2機緊急着陸 滑走路閉鎖、普天間にも

縦に並んだMV22オスプレイの間に駐機する4機のF15戦闘機=15日午後2時半ごろ、宜野湾市

 【中部】改修工事で北側滑走路が閉鎖されている沖縄県の米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機2機が15日午前、同基地の南側滑走路に緊急着陸した。2機が滑走路上にとどまり、滑走路が一時的に閉鎖されたため、F154機が米軍普天間飛行場に着陸した。南側滑走路のみしか使用できない状況で、運用が過密化し、普天間飛行場周辺地域への騒音被害が激化している。

 嘉手納基地に緊急着陸した1機目は午前10時23分に国道側、2機目は同31分に道の駅かでな側の滑走路に着陸した。滑走路に張られたワイヤに機体のフックを引っかけて停止した。嘉手納基地の南側滑走路は1時間後に使用が再開された。

 普天間飛行場に着陸した4機は、午前10時半ごろから同11時ごろにかけて南側からそれぞれ着陸。そのうち1機は緊急着陸だった。










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス