社会

真冬の街、急ぐ家路

夕方の寒さの中、足早に歩く通行人ら =17日、那覇市のパレットくもじ前

 東シナ海から流れ込んだ寒気の影響で、17日の沖縄県内は日中も気温があまり上がらなかった。

 各地で平年を2~4度下回る最高気温となり、肌寒い一日となった。

 最低気温は国頭村奥で平年より1・1度低い11・5度、国頭村伊原間では0・8度低い15・5度を観測した。最高気温は南城市糸数で平年を4・4度下回る13・9度、那覇も2・5度下回る17・0度だった。

 沖縄気象台によると、気圧の谷の通過に伴い、朝から雨が降った。那覇市の国際通りでは、観光客らが厚手のジャケットを身に着け、寒そうに歩いていた。