社会

「悔しさあるが…」 元山さん、ハンスト終える 19日午後4時57分、ドクターストップ受け

ハンガーストライキの終了を説明する元山仁士郎代表=19日午後4時57分、宜野湾市役所前

 【宜野湾】辺野古の埋め立て賛否を問う県民投票の事務を拒否している5市の首長に参加を求めるため、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)が宜野湾市役所前で実施していたハンガーストライキが19日午後4時57分、ドクターストップにより終了した。

 元山さんは記者団に対し「5市長がまだ参加を表明しない悔しさはすごくあるが、県議会で動きがあることに期待して、ハンストを終えたい」と説明した。

 5市長に県民投票への参加を求める請願書への署名は、20日まで受け付ける。

 午後4時半に医師の診断を受けた元山さんは、2日目に初めて測った時に比べて血圧が急激に下がっており、入院するために車で病院へ向かった。

 ハンストは15日午前8時に開始し、約105時間に及んだ。【琉球新報電子版】