スポーツ

興南は選出ならず九州補欠校に 選抜高校野球

 甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催され、興南は九州代表の選出を漏れ、補欠校となった。

 九州代表は筑陽学園(福岡)、明豊(大分)、大分、日章学園(宮崎)の4校。委員会では選考過程の説明があり、九州4校目を日章学園と興南が争ったことが報告された。その中で、昨年秋の九州大会で準々決勝で敗退した興南を大会ナンバーワン投手の宮城大弥を擁するチームと紹介し、攻守に安定し準決勝入りした日章学園との比較になったとした。

 勝負強い打撃で勝ち上がり、準決勝もあわやコールド負けの状態から4点を奪い、最後まであきらめない粘りを見せた日章学園の評価が高かったと選考理由が説明された。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス