経済

泡盛で巨人応援 限定ラベル販売 沖縄県酒造協同組合

プロ野球キャンプラベルの泡盛をPRする県酒造協同組合の(左から)高良亨営業部長と與那覇博次営業課長=4日、那覇市泉崎の琉球新報社

 県酒造協同組合(大城勤理事長)は1日から、春季キャンプで沖縄を訪れるプロ野球チーム巨人を応援する琉球泡盛の限定ラベルボトル「ジャイアンツ2019」の販売を始めた。キャンプ地の那覇市内の蔵元の泡盛をブレンドしており、3千ボトルの売り上げを目標としている。

 オリジナルボトルは巨人のイメージキャラクター、ジャビットがエイサーの衣装を着て「ちばりよー!」と応援している。容量は720ミリリットル、アルコール度数は30度、希望小売価格は1150円(税込み)になる。

 県内スーパーや土産品店、空港などで販売。巨人の1軍キャンプに合わせて2月13~28日は沖縄セルラースタジアム那覇でも販売する。同組合の高良享営業部長は4日、琉球新報社を訪れ「30度だがまろやかで、お土産としても買いやすいと思う」と購入を呼び掛けた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス