スポーツ

「まずは予選通過」諸見里が沖縄入り ダイキン女子 3月7~10日

19回目となる今大会へ意気込む諸見里しのぶ=23日、那覇空港

 ゴルフの国内女子ツアー開幕戦「第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」(3月7~10日、南城市・琉球GC)へ向け、名護市出身の諸見里しのぶ(屋部中―おかやま山陽高出)がタイでの合宿を終え23日、空路で沖縄入りした。諸見里は「1年というのはあっという間だなと感じていて、いよいよ開幕なんだなと実感しています」と笑顔を見せながら、開幕を待ち望んだ。

 ダイキン工業所属で、ホステスプロとして16年連続19回目の出場となる。昨年の大会は初日から県勢トップの5位につけて、連日トップ争いをし、3位でフィニッシュした。「昨年は久しぶりに上位で戦うことができて、楽しいなと思って回ることができた。すごく自信になるラウンドだった」と振り返る。

 2月初旬から22日までタイで合宿を行い、ほぼ毎日クラブを振った。「いい合宿だったが後半は疲れもあったので、これからは技術を高めるだけでなく、大会に向けていいパフォーマンスを出せるように調整していきたい」と意気込む。

 体の調子も良く、昨年の3位で攻めのゴルフもできるようになり、1年前の同時期に比べいい状態で戻ってきたという。「まずは予選通過することが大事で、そこからどんどん上位にいければいいなと思っている。上位にいくたびに皆さんの声援が大きな力になったので、その声援をいっぱいもらえるように頑張っていきたい」と力を込めた。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス