経済

沖縄発、小口貨物を世界へ 信永海運、県産品の輸出促進

沖縄発の海上貨物混載サービス開始をPRする関係者ら=14日、沖縄県庁

 小口貨物の海上混載輸送などを手掛ける信永海運(東京都)は、物流事業のオゥ・ティ・ケイ(那覇市)と沖縄ヤマト運輸(糸満市)と協力して、沖縄発の海上貨物混載サービスを実施している。県産品や食料品など小口貨物を集荷し、台湾や香港へ直行で輸送する。香港経由で東南アジアやオセアニア、欧米などにも輸送できる。県産品の輸出促進や県経済の活性化を目指す。 

 信永海運は東京や大阪など国内主要港から混載貨物を海外へ輸送する事業を進めてきた。沖縄はアジアに近く、台湾は1日、香港なら2日で海上輸送できるなど、所要時間の短さが強みになる。観光が好調な沖縄では今後、物流の活性化が予想されるため、那覇港を出発するサービスを開始した。オゥ・ティ・ケイが沖縄での窓口として業務受付などを行い、沖縄ヤマト運輸が貨物の集積拠点を提供する。

 台湾と香港向けの貨物便は週1回の定期運航となる。香港にある信永海運の代理店を活用することで、世界70地域、130以上の都市への輸送も可能となる。航空便よりも安い海上輸送で世界各地への輸出を行い、県内企業の海外展開や商品の輸出を後押しする。信永海運の長島啓浩社長は「海外での商品販売や輸出に意欲がある沖縄の企業を手伝いたい」と目標を掲げた。