社会

県民投票の会 解散可決 結果反映へ新組織検討も

 「辺野古」県民投票の会は26日、那覇市松尾の八汐荘で総会を開き、会の解散を全会一致で可決した。県民投票の結果を尊重するよう政府などに要請し県民投票の記録集をまとめた後、解散する。解散日は未定。元山仁士郎代表は「県民投票は有意義な取り組みだった。世代を超え、全県的に取り組めたことはウチナーンチュの記憶や歴史に今後刻まれる」と語った。

 一方で、解散後に投票結果を反映させるための新たな組織を結成することについても検討する。
 安里長従副代表によると、総会参加者からも新たな会を望む声が多数あったという。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス