政治

法定ビラの経歴に誤り 屋良朝博氏が会見 客員「研究員」を客員「教授」と記載 衆院沖縄3区補選

法定ビラなどに記載された経歴の誤記などについて説明する屋良朝博氏(左)と弁護士の大井倫太郎氏=12日午前、沖縄市安慶田の選挙事務所

 21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙に立候補しているフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)=無所属・新=は12日午前、沖縄市安慶田の選挙事務所で会見を開き、告示日以降に発行した法定ポスターや選挙公報などに記載されている経歴の一部に誤りがあることを発表した。屋良氏は事前に法定ビラなどを確認していなかったことを認めた上で「正しい経歴が記載されいるとの思い込みがあった。私の落ち度だ」と述べた。

 法定ビラなどには、経歴の一部に「ハワイ大学東西センター客員教授」と記載されているが、正しくは「客員研究員」だった。同席した弁護士の大井倫太郎氏によると、自由党の職員が印刷業者と経歴の記載についてやりとりする中で誤記が生じたという。12日朝、県選挙管理委員会に対して誤記があったことを報告したという。

 公職選挙法第235条では、当選を目的に選挙候補者が経歴や政党からの推薦、支持の状況などについて虚偽の事項を公にした者は2年以下の禁錮または30万円以下の罰金に処すと明記されている。ただ、大井弁護士は「故意の虚偽記載ではなく、あくまで事務手続き上のミス」と強調した上で「誤記を修正し、間違った経歴が載ったものは配布しない。再発防止に努め、誤解が生じないようにする」と話した。【琉球新報電子版】